江川邸公開事務室より 平成26年秋版     26-


邸内の彼岸花が終わり、金木犀の香りも盛りが過ぎ,秋で一番よい季節となりました。
昨年9月16日、韮山反射炉が世界遺産登録の国内候補として推薦され、
今年9月26日、イコモス(国際記念物遺跡会議)による現地調査があり、世界遺産推薦書の記載内容などについて確認が行われました。
世界遺産登録の可否は、来年6月ごろ決定されます。
韮山反射炉は韮山代官江川太郎左衛門が建設した「連双二基炉」です。実際に大砲を寿造した反射炉の中で日本でただ一つ現存する貴重な文化遺産です。
江川太郎左衛門が代官家敷として使用しました江川邸のこの秋のから冬にかけてのイベントです。

                10/17 記

 

 平成 26年度 紅葉の内庭公開  
 
 
 平成26年11月22日()〜26年12月7日(まで

  邸内の内庭は、通常、非公開
ですが、古木の紅葉が素晴らしく、
毎年、この時期に公開されます。
内庭は、室町時代に
作られたと伝えられる、
歴史のある庭園です。
千利休の所望された韮山竹も、
この内庭の一角に現存します。
この公開を機に、紅葉と共に
古い時代の庭を散策ください。

昨年の紅葉状況

2013/12/05  9分〜盛り 一部散り始めですが十分な紅葉です。

古民家ともみじ  12/05 邸内書院裏の紅葉      12/05

2013/11/29  7〜8分 見ごろの紅葉です。

心字池に張り出すもみじ  11/28 邸内に灯籠祭りの反射炉が残されました

2013/11/22 3分の紅葉です

心字池に映る紅葉の始まり   11/22 内庭は3分の紅葉    11/22   

 平成 26年度 竹灯籠まつり 


 竹灯籠まつりは、
邸内に3800本の竹灯篭が幻想的な夜をかもしだされます。
伊豆の国市主催で、毎年内庭の灯籠オブジェがすばらしく、
今年も期待されます。
                    11/15、11/16  16:45〜20:30 江川邸内
                         ※入場料は無料、雨天の場合は中止

 
 


  
バックナンバー
(過去の記録) 
翌年トップへ
前年トップへ
次 今の季節へ
前26-1へ