Free Shipping
重要文化財
江川家住宅(江川邸)
Free Shipping
重要文化財
江川家関係資料
Free Shipping
国指定史跡
韮山役所跡


江川家は大和国から移住して以来850年の長きにわたりこの韮山の地にて歴史を刻んでいます。

2月14日(水)は開館します。今月の休館日:2月21日(水)

3月は全日開館します。

Card image cap

開催中

「江川家の年中行事」
2024年2月20日(火)まで

伊豆の国市が江川家の年中行事を調査してくださいました。現在にも伝わる年中行事を写真パネル等でお伝え、資料として残る器物や英龍公の絵画を展示します。

1月27日(土)
◆企画展講座
[10:30~11:30]
料金1,000円
※入館料別
具足開きに食べる「塩汁粉」つき

Card image cap

次回予定

「富士山と江川英龍」
2024年2月22日(木)〜3月12日(火)まで

2月23日は「富士山の日」です。
これに因んで、韮山代官江川英龍が書いた富士山の漢詩、富士山を入れた風景画を紹介します。


2月23日(金・祝)
◆企画展講座[10:30~11:30]料金1,000円
◆食事会[11:30~]料金3,500円/定員各20名 (最低催行員5名)

チラシをみる(PDF)
Card image cap

江川邸のお正月

「具足開き」
2024年1月14日(日)

「具足開き」とは、武家が武具・具足に供えた餅を開く風習です。武家の鏡開きです。

[10:00]主屋の土間にて具足餅を割る具足開きを行います。
お客さまもご参加いただけますので、どうぞお越しください。

Card image cap

終了しました

「講座」と「食事会」
2024年1月27日(土)

江川邸まで電話でお申し込みください。TEL: 055-940-2200

◆企画展講座
「江川家の年中行事」
[10:30~11:30]
料金1,000円(※入館料別)
定員20名 (最低催行員5名)
★伝統行事である「具足開き」に食べる「塩汁粉」もお楽しみいただけます。

◆食事会
都合により中止となりました。


Card image cap
重要文化財 江川家住宅

1958年(昭和33年)、江川邸の主屋が国の重要文化財に指定され、1993年(平成5年)に書院、仏間、蔵、門、塀、神社が追加指定され、大規模修理が行われました。
現在、公益財団法人江川文庫がすべてを保有・管理しています。

もっと詳しく
Card image cap
幕末の万能人
英龍

36代目当主英龍は、その55年という決して長くはない生涯で、江戸幕府の旗本・代官を務めながら、工学、医学、文学、芸術など、さまざまな分野で多彩な才能を見せました。「uomo universale(万能人)」の異名で知られているレオナルド・ダ・ヴィンチように「万能人」といえる業績を残しています。

Card image cap
マスク着用のお願い

新型ウイルス(COVID-19)感染予防対策
ご来邸の皆さまにマスクの着用をお願いしております。“咳エチケット”をはじめとする感染防止マナーを守ってご観覧いただきますよう、ご協力をお願いいたします。詳しくは「予防対策について」をお読みください。

予防対策について

歴史を語る多彩な古文書や物品などを後世に伝えます。

  • image
    韮山反射炉
    江川英龍の仕事
    世界遺産 韮山反射炉は、英龍が建造を手がけ、その息子英武が完成させたものです。韮山反射炉のご見学とともに江川邸に残されている当時の史料をご覧いただくと、より一層ご理解を深めていただけます。江川邸と反射炉を両方ご覧いただく際には「共通券」をご利用ください。
    入館案内へ
  • image
    史跡・韮山役所跡
    大和源氏の祖とされる源頼親を初代とする江川家は、大和国から移住し、この地に館をかまえていました。その後、江戸時代には幕府の世襲代官となり、江川邸敷地内に韮山代官役所を設けました。さらに明治時代には、韮山県庁、足柄県庁韮山支所 静岡県庁韮山支所、田方郡役所が置かれました。
    江川邸とその一帯の敷地は、2004年(平成16年)9月「韮山役所跡」として国の史跡に指定されています。 
  • image
    台場築造
    江川英龍の仕事
    東京の臨海エリア「お台場」はホテルや娯楽施設が集う観光スポットになっていますが、江戸時代に人工島の「台場」を築造したのは江川英龍です。外国船の度重なる来航から海防を強化する建議を幕府に行っていた英龍は、台場築造を命じられ、設計と築造を行いました。江川邸には、その際の史料が多数保存されています。
  • image
    公益財団法人
    江川文庫
    江川文庫は、「江川家関係資料」、その他所有する歴史的文化的価値のある資産及び史料等の維持管理、公開、貸出等を行います。

    HP

    資料の借用等に関する申請書はこちらから(江川文庫のサイトへ移動します) 規約・各種申請書へ
  • image
    千利休ゆかりの「韮山竹」
    千利休が豊臣秀吉の小田原攻めに同道した際、「韮山竹」を気に入り陣中で花入を作ったといいます。その竹花入の一つが「園城寺」の銘をもつ竹一重切花入(東京国立博物館蔵)です。「韮山竹」は自然に“割れ”が入る特徴があり、江川邸内に自生しています。数十本に一本と貴重な竹ですが、春と秋の内庭公開の折にはご覧いただけます。
  • image
    ご寄付のお願い
    2013年(平成25年)、所蔵する史料約7万点のうち4万点弱が重要文化財指定され、 後世にきちんとした形で伝えていくために、収蔵館建設、史料修復など、財団の事業の趣旨をご理解いただき、格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
    江川文庫のサイトへ

江川邸
〒410-2143
静岡県伊豆の国市韮山韮山1番地
TEL: 055-940-2200
FAX: 055-940-2201
江川邸公開事務室
kohkai@egawatei.com